医歯薬系の仕事

医歯薬分野の仕事は、とてもハードだと思います。特に医師や看護師などは日勤、夜勤もあるし人の命を扱うことになるので精神的にも肉体的にも負荷がかかります。医師だと手術がある科では集中力も必要だし、普段から練習や勉強も必要です。看護師も患者の身の回りの介助を行いますが、腰に負担もかかるし患者と一番距離が近くなるので、病気になっているという普段とは違う精神状態の患者から時に強く当たられることもあります。そのようなハードな仕事ではありますが、やはり病気がよくなる患者を見てやりがいを感じたり、患者との触れ合いで楽しく仕事が出来るということもあるので、続けられるのだと思います。次に歯科医ですが、年々増加傾向にあるので国として対策を練ることを検討しています。大学の定員削減や定年制を設けること、試験の合格率や基準の見直しなどが検討されているので、もし施行されれば将来的には歯科医になるハードルが上がってしまうかもしれません。しかし、最近では高齢化社会に合せて高齢者の食生活や普段の生活から腔内をどうケアしていくかを考え研究する動きも見えています。そしてそれを養成する学部学科もあるので、歯科医になるだけが道ではなくなると思います。そして薬剤師ですが、こちらも大学で続々と薬剤師課程が新設されているので、将来的には数が多くなり余るだろうと言われています。しかし女性にとって稼ぐことの出来る数少ない職業の一つですので、人気は下がることはないのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です